TomTomのチューニング

深大寺しんぷるてくのろじ~研究所
ドラムの音について参考になります。


「E,C♯,B♭,G」がまさにこの3度(短3度)チューニング
ですよ。鍵盤楽器で確認してみてください。半音3つづつ離れて
いると思います。

マーチングのクォードタムなども、この様にチューニングすることが
多いです。

>これだと下の音が低くなりすぎて
>映えない気がして…結局、上記の中途半端な音程になりました,,

いい点に気づきましたね。
トムは一つ一つに「鳴りの良い音域」があり、そこから外れると
音に伸び、まとまりが無くなります。

>トムの音が抜けて聞こえるよう4つとも高めに張りたいのですが、
>何度くらいの間隔でチューニングしたら良いのでしょうか?

この各トム短3度音程は崩さず、

「F・D・B・G#」
「G♭、E♭・C・A」

など、全体をあげてみて下さい。

あとは裏ヘッドの調整です。表はそのままでも裏ヘッドを締めれば
ピッチは上がります。各トムの鳴りや響きが同じ様になるよう、
裏ヘッドを調整してみて下さい。

>できるだけ曲の音階やティンパニで使う音に合わせて
チューニングした方が良いのでしょうか?

そういう方法もありますが・・・。それをやったからと言って
必ず上手くマッチするとは限りません。
曲の調や曲想をイメージしながら、実際に出したい音を口で
歌ってみて下さい。上から「テン・トン・ドン・ダン!」ですね。
その音名をシロホンなどで確認しながら、上記の短3度音程に調整
します。

>一番音が高いもので、限界まで張ってE~E♭の音が出ます、
>(実際Fまで張れますが、パンパンで音が酷く叩けたものじゃないです)

確かにヘッドを張りすぎると音が「テッ!」と詰まった感じになります。
これでは広いコンサートホールでは幅が出ませんね。

>一番低いものはドラムのフロアタムです

フロアタムなら上の3つのタムは短3度音程にして、フロアだけ長3度
あるいは完全4度離してみてはどうでしょうか。ドラムセットやクイント
タムでよく見かけるチューニングです。


まず表ですが裏を手で押さえ、スティック軽く叩いて
「トォン!」と伸びのある音がすればいいでしょう。
続いて裏ヘッドですが、まず表と同じピッチにして打ってみてください。
気に入らなければ少しづつしめてみます。
ダメなようなら、元の同じピッチにもどし今度はちょっとずつゆるめて
試し打ちしてみてください。
良さそうな感じがしたら、こんどは友達に叩いてもらって離れた場所から
聞いてみます。打楽器は手元でいい音に聞こえても、客席では全然ダメ
という場合も多いものです。

・・・すごく遠回りなやり方ですが、手間を惜しんでいてはよいサウンドは
得られません。

またタムは単体でなく、前後のタムのピッチ、ドラムセットならスネアとの
ピッチの兼ね合いもあります。研究してみてください。


確かにティンパニのように一定の音程があった方が「基準」があって楽かも
知れません。
しかし考えてみると、スネアやバスドラ、タムなどの両面に皮がある太鼓は、

(1) 両面とも同じピッチにする
(2) 表の方を高くする
(3) 裏の方を高くする

の3種類しかありません。とりあえず(1)が一番やりやすそうですが、同じピッチと
言ってもどのくらいの高さなのか見当がつきませんね。

長く打楽器をやっていると、この材質の胴で、このタイプのヘッドが乗っていて
大きさがこれぐらいのインチで、この深さのタイコは・・・だいたいこれぐらい
締めればこんな音になる、と言う見当が付いてきます。
初めから「スタートライン」の様なものが見えるワケです。

>基本的…というかこれだけは守らないといけないよみたいな

スネア、タム類、バスドラム、コンガ、ボンゴ、ティンバレス・・・などそれぞれ
チューニングのコツがありますが、ヘッドを張るときの基本は「全てのボルト付近から
出てくる音は同じピッチ」が基本です。回した回数で決めないで「出てくる音」すなわち
「自分の耳」で判断します。

>あるいは私はこんな風にしているよとか、

そうですねえ・・・・。

タム類は(ドラムセットやコンサートタム)はホルダーに付けたままチューニング
しています。メーカーによっては真横にセットできます。表・裏を小刻みに調整している
時は、いちいちひっくり返すの面倒です。

ロック、クラシックを問わずいろんな教則本に「チューニングボルトは対角線に締める」と
書いてありますが、自分はコレを守っていません(キッパリ)
対角線にやっていくと宙ぶらりんに、ゆるゆるになるボルトが出てきます。

例えば新品のヘッドを張るとします。まずはボルトをチューニング・キー使わず指だけで
締めるトコまで締めたら、あとは順番に隣へ隣へと回していきます。
最初は大ざっぱに2~3回転して一回り。ボルトにテンションがかかったら180度~45度と
だんだん小刻みに締めていきます。

いきなりですが口の広い容器を想像してください。例えば梅干しや梅酒、海苔が入っている
口が広い透明な容器です。フタはネジになっていますよね?あれが締まっていく感じです。

ある程度フープ(リム)が皮を押さえに来たら、あとは「音」です。

そのまま反対ヘッドを手で押さえ、チューニングしている方のヘッドのボルト付近を
チューニングキーで叩きながらぐるっと回ります。そして「飛び出して聞こえる音
(コレが大事)」・・・低かったり、高く聞こえたりするボルトをどんどん微調整しながら
隣に隣に移って行き、音程差をなだらかにしていきます。何度か回って音程差が無くなったら
(かなりアバウトです)終わりです。

後は・・・スネアの裏ヘッド(スネアサイド)をチューニングするときは、スティックを
スナッピーの下にはさんでヘッドと接触しないようにしてチューニングしています。

>表と裏のバランスはどうしたらいいのか
>全体としてうまく聞こえるにはどうしたらいいのか

ひどく大ざっぱなのを承知で、しかもえら好みの話になりますが、とりあえず参考に
なりそうな事柄を、思いつくまま書いてみます。

(4) タム系(両面に皮があるドラムセットのタム、コンサートタムなど)
ロックのCDの様な「トゥン!」「ドゥン!」などと言った残響のあって低音が効いた
サウンド・イメージを生の楽器で再現するのは難しいです。なぜならあれはスタジオで
「作られた」音だからです。

(5) タム類は高め高めでチューニングした方が、吹奏楽の中では通りが良いです。
タム類が3個以上の場合は、短3度ずつ音程を離してチューニングすると、うまく
収まります、具体的には・・・

一般にタイコはインチで(口径・ヘッドの大きさ)だいたいのピッチが決まって来ます。
ドラムセットのタムの小さい方(10~12インチ)の表ヘッドを「ちょっと高いかな?」と
思うぐらいに締めます。締めすぎて音がつまらない様に。

(6) その音を「ド」と感じて(歌って)、ド・シ・ラ~と歌ってください。その「ラ」の
音が次のタムの音のピッチです。
もし「ド」の音がD♭なら「ラ」の音は「B♭」となります。
もし「ド」の音がC#なら「ラ」の音は「A#」です。

2枚皮のタイコ類は、片方の皮のピッチを聞くときは反対側の皮は押さえてミュートした
方が聞き取りやすいです。皮の中央をはずして軽めに叩いきピッチを確認してください。

2つめのタムの音程が決まったら、(6)と同じ要領でさらに下のタムのピッチを決めます。
これが(5)で書いた「短3度」チューニングの実際です。

片面ヘッドのタムは、この段階でとりあえず終わりです。

(7) 裏のヘッドはとりあえず表と同じピッチにします。
このままではだいぶ音程が高いと思います。そのまま表だけ、ほんのちょっとゆるめてみて
下さい。低音から高音まで含まれた、芯があって伸びのある音になったらOKです。

上手く行かないときは元に戻して、裏の方をいじってみてください。表裏のバランスは
胴の材質、ヘッドの種類、大きさ、深さで、自分の好みで違います。

裏の方が高いチューニングになってしまったら、全てのタムも同じように裏の方が高い
方が、鳴り統一感が得られます。

次の日にはまたバランスや鳴りが変わっているものです。そこでまた調整が必要です。
何日かかけて整えていってください。いじっている内に、ぐちゃぐちゃになったり、
混乱してしまったり、タムが言うことを聞かない時は、また明日やります(笑)

「1日でチューニングを仕上げよう」などと思わない事です。

このチューニング方法は、マーチングテナー(クォードなど)にも応用できます

明日はコンガ、ボンゴなどについて書きます。

(8) コンガ、ボンゴ
シングルヘッドの楽器ばかりですね。これらの楽器も、製品ごとに「鳴りの良い音域」
がありますので、その範囲で「完全4度チューニング」にしています。

まずボンゴですが、小さい方を人差し指の指先で叩いて「カッ!」と乾いた、甲高い音
が出るように締めます。コンガは人差し指~小指をそろえてオープンに打って「トォン!」
と鳴り、かつクラッシュ(スラップ)で「パッ!」とハリのある音が出せるように締めます。
ボンゴやコンガは工具のスパナ(レンチ)を使って締まることが多いですね。パール社など
一部のメーカーでは専用のチューニング工具じゃないとダメな楽器もあります。

ハッキリ言って「カッ!」だの「トォン!」だの「パッ!」だの、文字で書いてもさっぱり
判りませんよねえ・・・(笑)だから難しい、判りにくい。
ラテンの曲が入っているCD、ヤマハのニューサウンズでもいいです。そう言った
曲を聞いて、「高さのイメージ」を持つのも良いし。CDを聞きながら、楽器から音を
出しながら締めていくのも良いでしょう。

吹奏楽の中で、これら「素手」で叩く2つの楽器は、バンドがフォルテで吹いてドラム
バンバン叩いている状況では、どんなに叩いてもなかなか音が通りません。ですから
けっこう高め高めに締めます。

高い方の音程が決まったら、(6)と同様に今度はド・シ・ラ・ソ~と下がって歌い、低い方の
音を決めます。今回は「完全4度」なので
もし「ド」の音がB♭なら「ソ」の音は「F」となります。
もし「ド」の音がGなら「ソ」の音は「D」です。

ここで一つ注意事項を。
ボンゴ、コンガの多くは「本皮」です。雨天や梅雨の時期など、湿度の高い時に締めすぎて
天候が変わって空気が乾燥すると、皮が縮んで破れてしまいます。
最近はプラスチック皮の楽器もあります。その場合はあまり心配はありません。

以上ですが・・・質問に全部答えたかな?

正直言って、チューニングは触った数です。
最初はなかなか思い切ってボルトを回せないと思いますが、人間の指で回す程度の力で
ヘッドが簡単に破れるような事はありません(スネアの裏ヘッドを除く)

「変に回したら、元に戻せないんじゃないか?」と思うかも知れません。それなら回した
数をメモしておけば良いことです。右に3回まわして変な音になったら、左に3回まわして
戻せばいいのです。表も裏もです。面倒ですか?

一度思い切って極端なチューニングにすると、楽器の限界がよく見えてきます。
カンカンに張ったり、デロデロにゆるめたりするわけです。表・裏とも色んな組み合わせで
やります。そして実際に楽器から出てくるサウンドを自分の耳で確かめてみてください。
「この楽器はこんな音も出るんだ」と驚くこともあるでしょう。

かなり主観的な内容で色々と書きましたが・・・パーティさんはどう思われますか?


google検索_タムタムチューニング


ひどく大ざっぱなのを承知で、しかもえら好みの話になりますが、思いつくまま
書いてみます。

(1)
タム類は高め高めでチューニングした方が、吹奏楽の中では通りが良いです。
タム類が3個以上の場合は、短3度ずつ音程を離してチューニングすると、うまく
収まります、具体的には・・・

一般にタイコはインチで(口径・ヘッドの大きさ)だいたいのピッチが決まって来ます。
一番小さいタムの表ヘッドを「ちょっと高いかな?」と思うぐらいに締めます。締め
すぎて音がつまらない様に。

(2)
その音を「ド」と感じて(歌って)、ド・シ・ラ~と歌ってください。その「ラ」の
音が次のタムの音のピッチです。
もし「ド」の音がD♭なら「ラ」の音は「B♭」となります。
もし「ド」の音がC#なら「ラ」の音は「A#」です。

2枚皮のタイコ類は、片方の皮のピッチを聞くときは反対側の皮は押さえてミュートした
方が聞き取りやすいです。皮の中央をはずして軽めに叩いきピッチを確認してください。

2つめのタムの音程が決まったら、(2)と同じ要領でさらに下のタムのピッチを決めます。
これが(1)で書いた「短3度」チューニングの実際です。

片面ヘッドのタムは、この段階でとりあえず終わりです。

(3)
裏のヘッドはとりあえず表と同じピッチにします。
このままではだいぶ音程が高いと思います。そのまま表だけ、ほんのちょっとゆるめてみて
下さい。低音から高音まで含まれた、芯があって伸びのある音になったらOKです。

上手く行かないときは元に戻して、裏の方をいじってみてください。表裏のバランスは
胴の材質、ヘッドの種類、大きさ、深さで、自分の好みで違います。

裏の方が高いチューニングになってしまったら、全てのタムも同じように裏の方が高い
方が、鳴り統一感が得られます。

次の日にはまたバランスや鳴りが変わっているものです。そこでまた調整が必要です。
何日かかけて整えていってください。いじっている内に、ぐちゃぐちゃになったり、
混乱してしまったり、タムが言うことを聞かない時は、また明日やります(笑)
「1日でチューニングを仕上げよう」などと思わない事です。

最終的には「合奏の中でどう聞こえるか」です。タムだけ単体で叩いて判断しないように
してください。


ティンパニーゲージ

http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&aq=0h&oq=%e8%87%aa%e4%bd%9c%e3%80%80%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%83%91%e3%83%8b&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4GGLD_jaJP310&q=%e8%87%aa%e4%bd%9c%e3%80%80%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%83%91%e3%83%8b%e3%80%80%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%82%b8


インジケータが付いていないモデルと言うのは、ペダルで音を変えるモデルでしょうか?
そうであるならば、こんな工夫をしている学校を見た事があります。

 まず、ペダルと、チューニングボルトの間にゴム(輪ゴムを繋げたものや、髪の毛を縛る様なもので良い)を張ります。
この時、引っかけるチューニングボルトは、ゴムがフープの上を通る様な場所を選んで下さい。場合によっては、ゴムを通す場所も工夫が必要です。
 ティンパニの張力を緩めた状態で、フープ上のゴムの一部に目印を付けます。
目印の位置は、演奏位置に立って向こう側に付けます。
次に、フープの上に適当な長さ(ペダルを操作して移動するゴムの目印の範囲以上)の、油性ペンやサインペンで文字が書けるテープをゴムと平行に貼ります。
 後は、それぞれの音階にティンパニを調整すると、ゴムの目印が動きますから、それぞれの場所に音階と印を付けます。